Skip to content

21 January 2012 (Belly Dance Festival Day 4)

January 21, 2012

One thing that has surprised me throughout this festival is how liberal the teachers are with their students taking video of their choreography.

In the African dance community this is a big no-no most of the time. The teachers are very protective of their choreography and prohibit video cameras in the classroom. As a result, many students would videotape themselves dancing the choreography they just learned right after class.

At this festival, most teachers already know the drill and after they’ve taught most of the choreography, they’ll dance one time just for the video cameras. It’s like a big press conference each time, with the students lined up in front of the stage with their cameras in tow.

With complete choreographs tucked safely away in their cameras to view as many times as they want back home, the students will be able to dance them to perfection if they wanted to. Gone are the days when students try to dance from memory, it seems. Dancing from memory may result in getting some steps wrong, but isn’t it a way to develop one’s own style and steps through those mistakes? Does this lead to less originality? I don’t know, but it certainly made me think, seeing all the video cameras being pointed at the teachers.

このフェスティバルで一つびっくりしたのは、
先生達がクラスで教える振り付けを生徒がビデオにおさめることに対して何も言わないこと。
何も言わないどころか、もうビデオにとることを前提としていて、
振り付けがある程度進んだ時点で「じゃあカメラのために一回ね」と踊る先生がほとんど。

なぜならば、私が10年ほど学んだアフリカンダンスの世界では
クラスのビデオを撮ることは大きなダブーだからです。
ビデオ撮影も音源録音も一切禁止という先生がほとんど。
なので、アフリカンダンスのワークショップのクラスの後では、
学んだばかりの振り付けを踊る自分をビデオ撮影する生徒さんがたくさんいました。

このフェスティバルでは毎回「カメラのために一回」先生が踊るたび、
まるで記者会見のように生徒達がステージの前に集まります。

このように振り付けが家で何回もみれるようになれば、
完璧に踊れる生徒さんはたくさんいるのでしょう。
記憶から踊ってみる、という習慣は消えつつあるみたいです。
でも記憶から踊ってみるということは、間違いもたくさんするかもしれないけど、
その結果自分のステップができあがったり、
自分のスタイルを発見することにつながるのでは。
ということは今のビデオ時代は、個性が減っているのでしょうか。

わかりませんが、何本ものレンズが先生へ向けられるのをみて、
このようなことを考えさせられたのでした。

Much love,
Kaori

2 Comments leave one →
  1. January 25, 2012 10:56 pm

    あ〜、ダンサーの写真が一枚もない。。。残念。

    と前置きはさておき、
    ビデオ撮影の善し悪しのお話に一言。
    私も空手の先生の演舞に対して何故もっとビデオを活用しないのかと思っていました。
    そうすると先生はこう言いました。

    「一瞬も見逃さない集中力を鍛えるためだ。」

    ビデオを取って何度も見返すのもやりますが、
    今逃したら次はいつ見れるかわからない、という緊張感のもと見取り稽古をするのが基本です。

    • January 25, 2012 11:15 pm

      Hear, hear!
      Ryujiさんの先生のおっしゃったこと、ごもっともだと思います。
      私も「今見逃したら今度いつみれるかわからない」を常に頭に、今後もお稽古に臨もうと思います。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: