Skip to content

152

October 22, 2011

Shortly after coming back from Eilat, I spent two days away from home again (and away from the Internet), this time in Tel Aviv.

It was during this stay that I learned of Gadhafi’s death, when Yuval’s friend turned on the radio for some background music. “Wow, they got Gadhafi,” he had exclaimed over the monotone voice of the news reader.

This was when the country was still buzzing over the news of the release of IDF soldier Gilad Shalit after 5 years. (I previously wrote about Gilad Shalit here). I had heard this news over the radio at work as they updated the proceedings of the release every hour, my co-workers more attentive to the news than I had ever seen. They told me that everyone across the country were glued to their TVs that day. I actually wish I had seen this news on TV myself. (I was interested to see that when I checked the Japanese headlines on the topic, most of the focus was on the 400+ Palestinian prisoners released as part of the deal, and Gilad’s name wasn’t even mentioned in some of them.)

It’s been a really dramatic year of news. More than anything my world was forever changed after the Tohoku earthquake in Japan on March 11. It was hard to watch and hear of the news from so far away.

Meanwhile in various countries closer by, the Arab Spring has brought headlines that were utterly unimaginable. And it seems like it’s just getting started.

2011 will certainly be a year that will be referred back in the coming years for its historical events, and wherever I may be, I will always remember learning of those breaking news in Hebrew, not always fully understanding the context but grasping the urgency and intensity from the response of people around me and the way they stopped what they were doing and just listened, the air in the room very still.

エイラットから帰って来てから間もなくまたでかけてきました
(そしてまたネットなしの生活してきました)。
今度はテルアビブに。

その間にカダフィ大佐の死亡を知りました。
ユバルの友人がBGM用にとラジオをつけた時に。
「カダフィが捕まったらしいよ!」と彼が叫んで、私はやっとわかったのでした。

これはハマスに5年間拉致されていた兵士ギラード・シャリートさんの釈放
のニュースにイスラエル国中が沸いてまだまだ治まっていない時のこと。
(ギラードさんについては以前こちらに書きました。)
このニュースを初めて聞いたのは職場のラジオでした。
一時間ごとに釈放の様子を細かく伝えるニュースに他の皆が釘付けになっていたのを覚えています。
多くの人が一日中テレビをつけっぱなしだよ、と同僚の一人が教えてくれました。
私もこのニュースはテレビでみたかったぐらいです。
(後でこのニュースの日本のヘッドラインを調べてみたら、ほとんどの趣旨は
イスラエル兵と交換で釈放された400人以上のパレスチナ人元服役囚で、
ギラードさんの名前すら取り上げていない記事もありました。)

今年は激動のニュースがたくさんありましたね。(ってまだ終わってないけど)
やはり何よりも、3月11日の東北太平洋沖地震。
世界がひっくり返ってしまった気がしました。
こう遠い場所からあのような母国の悲痛なニュースを読んだりみたりするのは
現地にいるより辛かった気がします。

逆に近場の国々からはアラブの春による想像もできなかったような
ヘッドラインが次々と続出。
そしてまだまだ勢いが止まりそうにありません。

2011年は間違いなく今後様々な歴史的な理由で振り返られる年となると思いますが、
私がどこにいようと、毎回この年のニュースが話題に出るたび、
速報をヘブライ語で初めて耳にし、内容は完全に把握できなくても
その場のピンと張った空気や、一緒にいた人達が全てをストップして
ただただひたすら耳を傾けている姿からニュースの深刻さが察知できたことを
思い出すのだと思います。

Much love,
Kaori

No comments yet

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: