Skip to content

128 (Bank account | 銀行口座)

July 21, 2011

I opened my very first bank account in Israel today. And believe it or not, it was a rather amusing and pleasant experience than I could ever expect for opening a bank account in any country!

The previous night, I had a bit of a meltdown that involved crying to Yuval that “I am used to being an independent person” but “I feel like I can’t do anything on my own here in Israel.” So to show his support in my blubbery misery Yuval asked me if that bank account I have to open, would I like to try doing that by myself. As much as I appreciated the support and consideration, that sounded a bit too ambitious of a first step towards my independence, wouldn’t you say? Especially when I have a friend who claims all the bank tellers she’s ever dealt with in Israel claimed they speak English but they actually didn’t.

The first bank we tried would have certainly sent me to the dark tunnel of “I will never try doing anything by myself in Israel again” if I had gone alone. The tellers weren’t motivated to help. They turned me down when the only ID I had on me was my passport. They told me they needed two forms of ID, and when I said I have my international license back in the car, the teller said don’t bother getting it because they can’t accept it. No consulting with a manager if they can somehow accept my license anyway, no extra effort to work around the problem. I guess they are not desperate for new business!

Since there was another bank right across the street, we decided it wouldn’t hurt to give them a try. My first impression was that it was significantly busier than the former bank. I took that as a good sign. We must have waited for about 20 minutes before a teller opened up, only to learn we were in the wrong line. But the teller actually made the effort to step out of her booth and lead us to the right person, who I want to refer to as Mr. Happy because he was without doubt the happiest banker I have ever seen. His smiles and good spirits were contagious.

Mr. Happy approved my international license (between jolly laughs) for my second ID, and took me to another female teller. I spent the next 30 minutes or so signing a form every few minutes. In between the handing back and forth of forms, the teller told me it is her dream to travel to Japan. “I want to see the authentic,” she told me.

During this interaction, I filled out my passport # a few times. Every time it felt like I was leaving official imprints, proof that I was here.

Despite the nice people and service, I was not thrilled to learn the bank will charge me NIS13.00 (about US$3.80) a month for my account and NIS1.65 (48 cents) for every transaction (not sure if taking out money from the bank ATM also counts, I will have to find out). I guess this isn’t too bad, but it does make me miss my Shinsei and Rakuten Banks back in Japan that don’t charge me a thing to hold an account and allow me a certain amount of transactions free of charge every month. (I’ve never gone over it.) What can you do.

今日イスラエルで初めて銀行口座をつくりました。銀行というと、どの国にいようが長く待たなくてはいけなかったり、堅苦しいルールや銀行員にイライラしたりと、あまり期待ができません。でも心の準備をしていたのとは裏腹に、思い出すとちょっと微笑めるような体験となったのでした。

実は前日の夜、数週間に渡ってたまったフラストレーションが爆発し、ユバルに「私はイスラエルに来るまでとても独立していた」のに「ここに来てからは1人じゃ何もできない気がする」などと泣きながら愚痴をこぼしていたのでした。私の悲劇のヒロインを彼なりに支援を現したかったのか、「じゃあ明日行く予定の銀行、口座を1人であけてみる?」と。支援はとてもありがたいけれど、、、それちょっとハードル高すぎじゃないかしらん?特にある友達はイスラエルで関わった銀行員は皆「英語がしゃべれる」と言いながら実は全然しゃべれなかった、というのを聞いていたので。

最初にトライした銀行は、まさに1人でトライしようとしたものなら「もう一生一人じゃ何もできない」と落ち込んでしまうような状況でした。何より、銀行員がやる気なし。私が持っていた身分証明書がパスポートのみとわかると、すぐにダメと言われました。二つの写真入り身分証明書が必要だ、と。車に取りに行けば国際免許があると伝えてもすぐに、取りに行かなくていい、どうせダメだからと言われてしまう。上司にどうか国際免許をOKにできないかを確認するとか、他に問題を解決する方法はないかなどの努力は一切なし。明らかに新しい会員は必要ないのですね!

道路の向かい側に別の銀行があったので、どうせならとトライ。まず入って第一印象は、前の銀行よりはるかに忙しく活気があること。それはプラスにとらえることにしました。約20分待ってやっと順番が来たと思いきや、新規口座の列ではなかったことが発覚。でも銀行員はわざわざ自分のブースから出て、適切なスタッフへと案内してくれたのでした。この案内されたスタッフがまた通称「Mr.ハッピー」と呼びたくなる、今までの人生で最もハッピーな銀行員。彼のスマイルと上機嫌につられてこっちも思わずニコニコしてしまいました。

Mr.ハッピーは私の国際免許を身分証明書として認めてくれ、また新たな女性銀行員のブースへ案内してくれました。次の約30分間は何枚もの資料にサインするの繰り返し。資料を受け渡しながら銀行員は「私ずっと日本に行くことが夢なの」と教えてくれました。「日本のエキゾチック」な面がみたいのだと。

この間に何度か、自分のパスポート番号を記入しましたが、毎回自分がイスラエルにいた証拠を記録しているような気がしました。
人とサービスは良かったけれど、手数料はちょっと不満足。口座を持続するために毎月NIS13.00(約400円)引き落とされ、取引ごとにNIS1.65(約38円)かかるとのこと。(当銀行のATMからの引き落としにもかかるのかは今の所不明。)そんなに悪くもないけど(イスラエルの銀行は大抵このような手数料がかかるそう)日本で口座を持っている新生や楽天銀行が恋しくなりました。日本では逆に口座費を毎月請求する銀行なんて、そう聞きませんよね。まあ、しょうがない、ですかね。

Much love,
Kaori

4 Comments leave one →
  1. Ryuji Kanie permalink
    July 22, 2011 11:27 pm

    無事Anatが連絡を取れたみたいでよかったです。 ^^

    銀行はレウミだったみたいですね。
    私はディスコントをお勧めしますね。
    この比較的新しい銀行は金利を下げたり、金曜日に営業してたりとがんばっているようです。
    カスタマーサポートも他のメイン2行より良いと思います。

    ちなみにATMを使ったら毎回1.65NISチャージされます。これが最低額です。窓口で現金引き出し、小切手換金などをすると8NISだったか?もっとチャージされます。基本的に何をするにも手数料を取られ、借りれば高金利をかけられます。全くもってケシカランです。
    管理者層の給料は桁違いらしいですしね。

    • July 23, 2011 10:22 am

      そうです、レウミです。やはり銀行のATMを使っても手数料取られるのですね!日本だったらありえないですね。私はできるだけカスタマーサービスや現金の引き出し以外は銀行とかかわるのを避けたいです、、、カスタマーセンターへ電話をかけることを考えただけで頭痛が 苦笑

  2. miko permalink
    July 25, 2011 9:54 am

    わーすごいね。1年くらいで銀行を開設できるくらいの語学力がつくんだね。すごい。おめでとう!!これからこの経験を生かしてどんどん自分ひとりで何でもできるようになるとイスラエルでの生活がいっそう楽しくなるよね。 がんばって!応援しています。

    • July 25, 2011 5:01 pm

      文章が明確じゃなかったかな、結局1人では行かなかったのよ〜 :)
      でも優しかったスタッフのおかげでプラスな経験になったよ。
      これから頑張ります〜 ありがと☆

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: