Skip to content

85 (Green | 緑)

January 23, 2011
tags: ,

Ever since I arrived in Israel late last May, Yuval kept on saying this to me time and again.
“When it gets cold and green in a few months, we’ll go hiking.”

And I never believed him.

Not the “We’ll go hiking” part.

The “When it gets cold and green” part.

It was very unconvincing when the highs hit 44 degrees Celsius (111 degrees Fahrenheit) in June, and the scenery couldn’t be farther away from my idea of “green”. More in the lines of “scorched”, “parched”, “dried out”, “fried”… I couldn’t imagine it turning green in the near future, not in a few months, a few years, ever.

去年の5月末にイスラエルに来て以来、ユバルが度々こう言いました。
「寒くなって景色が緑になったら、ハイキングに行こう。」

でも私は毎回彼を疑うことしかできませんでした。

「ハイキングに行く」ことを疑ったのではありません。

「景色が緑になったら」が信じられなかったのです。

なにせ最高気温が6月で既に44度を記録し、景色は「緑」からは遠くかけ離れた色。逆に思い浮かぶ言葉は「焦げた」「からからに乾いた」「乾燥しきった」など、、、とにかく近い未来に、数ヶ月、数年、どころか一生、「緑」が現れることが想像できなかったのです。

Golan Heights in June 2010 | 2010年6月のゴラン高原

Parts of Golan Heights hit by mountain fire, June 2010 | ゴラン高原の山火事にあった部分

It didn’t help that winter arrived much later than usual this year. The rain didn’t fall and therefore the “green” that I kept on hearing about didn’t appear either.

“When it gets cold and green…” Yuval would start, only to be met with my icy, deadpan stare.

But then all of a sudden, the temperatures dropped. We had a few heavy rainstorms, some heavy enough to cause a few power outages. Who do I talk to about moderation in Israel?

その上、今年は通年よりだいぶ冬の到来が遅れました。
雨が降らないからには、さんざん聞かされた「緑」も現れません。

「寒くなって景色が緑になったら、、、」とユバルが言いかけるたび、私の冷た〜い視線が待っていました。

そしたらある日突然、気温が急に下がり、大雨が何度か降りました。中には停電になるほどの大雨。
イスラエルでは「適度」は存在しないのでしょうか??

Goland Heights January 2011 | ゴラン高原 2011年1月

Last weekend, we went on that long awaited hike. I got to see up close the “green” that’s been deepening and intensifying its color and shades every day.

I’m happy to say I am convinced now.

先週末、やっと待ちに待ったハイキングに行ってきました。
日々色合いがどんどん豊かになっていく「緑」を近くでみることができました。

Golan Heights January 2011 | ゴラン高原 2011年1月

The shade of green here is not what I’m used to. It’s an alarming, shocking shade of green, bordering on fluorescent. It’s bright and loud. Or maybe my eyes are still adjusting to the sudden burst of color.

イスラエルの緑は今まで慣れ親しんできた緑とは異なります。鮮明でびっくりするような、蛍光緑に近いような色です。それともまだ私の目が突然の色に慣れないのでしょうか。

I have a thing for lonely trees. Maybe because I’m a bit of a lonely tree myself.
私はこのようにぽつんと立っている木が好き。
自分がちょっと内気でぽつんとする部分があるからかも。

Moist Green | 湿った緑

Bathed in the soft January sunlight, everything was twinkling and shimmering. It all feels extra rewarding after the long summer we’ve been through. Next summer, I will know what awaits.

1月の柔らかい太陽の光を浴びて、みるもの全てがきらきら光っていました。長かった夏の後は特にご褒美をもらった気になります。来年の夏はこの緑を期待して乗り切ろう。

Much love,
Kaori

2 Comments leave one →
  1. miko permalink
    January 24, 2011 5:44 am

    季節があるってことは人間にとって励みになるよね。とくに厳しい地形にすんでいると特に。私の両親は秋田の豪雪地帯に住んでいて、毎日3回雪かきをしないと家から出られなくなるほどの雪が積もってしまい大変だけれど、毎年春の雪解けのころを楽しみにつらい冬を乗り切っているそう。 雪解けの時期には、ふきのとうが元気に芽を出して、山菜を採りに行ったり楽しみがたくさんあるんだって。
    かおりちゃんの住んでいるところも厳しいところなだけに、今回の発見はうれしいね。

    • January 24, 2011 11:00 am

      わぁ、、mikoのご両親の厳しい環境に比べたら私の今の環境は楽勝に感じる!
      雪かき毎日3回なんて!冬の厳しさは夏の厳しさよりこたえる気がするな。個人によるのかもしれないけど。大学時代、アメリカ・ニューヨーク州の北部で過ごしたんだけどやはり寒く4月でも道路に雪が残っているようなところで、ちょっとでも気温が上がるとキャンパス中のテンションが一気に上がったのを覚えてる。山菜を取りに行くなんて、素敵だね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: