Skip to content

84 (The joy of eating | 食べる楽しさ)

January 19, 2011

As a kind of follow-up to my previous post, I thought I’d share some of the food I’ve been fortunate to eat or witness in the past few months.

一つ前のエントリーの続編として、今度はここ数ヶ月の間に食べたり見たりした食べ物を紹介したいと思います。

An Arab sweets vendor in Akko | アコーでみつけたアラブ系お菓子屋さん

This is an Arab sweets vendor in Akko. Most of the Arab sweets I’ve eaten so far have been super sugary, devilish delights. The kind you can feel its weight on your hand and the sugar and/or butter is seeping through the bottom. Notice the speakers in the back? An exotic, Arabic dance song was blasting from them.

こちらはアコーで見つけたアラブ系のお菓子屋さん。今までに食べたアラブ系のお菓子はみんな砂糖爆弾のようなものすご〜く甘い、でもクセになってしまうようなものばかり。手に持つと重さがあって、底から砂糖・バターが染み出ているようなヘビーなお菓子達。後ろにみえるスピーカーからは、エキゾチックなアラブ系のダンス音楽が音量特大で流れていました。

Chocolate fondue in Rosh Pina | ローシュ・ピナで食べたチョコ・フォンドゥ


The fondue | フォンドゥ


The extras | おまけ

Doesn’t this look absolutely wicked? We made sure there was not a single drop of chocolate left.
あっけにとられるような光景じゃありません? 笑
フォンドゥが一滴も残らぬよう、最善を尽くしました。

Labane at a Druze restaurant | ドルーズ派のレストランで食べたラバネ


And hummus, of course | そしてもちろん、フムス

These are some of the dishes we had at a Druze restaurant up north, near the Lebanese border. This was the first restaurant I’ve been to in Israel where we actually had to wait for a table, then had to wait just about the equal amount of time before we were able to flag down a waiter. It was worth the wait, and more than anything, their falafels were the best I’ve ever eaten. And I’ve eaten a lot of falafels, the first approximately 14 years ago.

こちらはレバノンとの国境に近い北部のドルーズ派のレストランで食べたもの。このレストランは、私がイスラエルで初めて席が空くのを待ったレストランでした。そしてやっと座ったはいいもの、ウェイターがやっとつかまるまで同じぐらいの時間がかかりました。でも待った甲斐があり、何よりもここはフェラフェルが今まで食べた中で一番美味しかった。初めてのフェラフェルを約14年前に食べてから、数えきれないほど食べてきましたが、ここが今のところベスト。

Sushi in Sakura Restaurant, Tel Aviv | テルアビブの「Sakura」レストランにて

Now, being Japanese it can’t be helped that my standards for sushi are very high. I don’t expect for these standards to be met anywhere else but Japan. Still, after a long time away, a taste of home is heavenly.

日本人としてお寿司の基準が高いのは当たり前。この基準は日本以外満たされない前提でいるほど。
でも、しばらく食べないと母国の味にはなんとも言えない幸せを感じます。

Much love,
Kaori

2 Comments leave one →
  1. miko permalink
    January 23, 2011 7:24 am

    前回の滞在のときにSAKURAレストランに行ったの。たった2週間しか日本を離れていないのにこんなにも恋しくなるとは思っても見なかったよ。
    シミがラバネを見てよだれをたらしています。私は苦手なんだけれどね。

    • January 23, 2011 11:46 am

      Miko達はエルサレムのSAKURAに行ったのかな?テルアビブより確か本格的なんだよね?
      私はこっちに来て、初めて日本食レストランでお味噌汁食べた時感動しちゃったよ。(家でも作れるんだけどね!笑)
      後、アサヒビールが瓶で出て来た時「わ〜きゃ〜」って心の中で騒ぎました 笑
      ラバネ、私もフムスほど好きじゃないけど、ここのレストランは他より食べやすかった〜
      ごめんよシミ!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: