Skip to content

49 (Ulpan Diaries | ウルパン日記)

September 15, 2010

My Hebrew verb notebook | ヘブライ語動詞のノート

It’s been a little over two months since I started studying Hebrew at the Ulpan. Now we have reached the level where words sometimes have more than one meaning. Or where there is no exact translation because a word or expression simply does not exist in English or Japanese. Yes, it’s getting a bit complicated around here.

I had to laugh when filling out the translation for the verb kovea (pictured above). First because it just looked funny, my handwriting desperately trying to fit in to the small margin. Second, because a word means both “to fix something on to a wall” and “to make an appointment”? But such is language, it may make no sense whatsoever, but we have to accept it for what it is, don’t we?

I heard a nice story from a friend today. (Miko and Shimi, if you read this, it was so nice to have you two here!) When talking to me about her 9-month old son, she said it usually takes an average of a year and a half to two years before a child can start to speak, and she read somewhere that supposedly during that time they hear a word about 80,000 times before it actually makes it out of their mouth. (She wasn’t too sure about that number but you get the idea.)

That was very inspiring and encouraging to me. It made sense to me too. Certain words simply don’t register in my brain while others stick on the first hearing. But as words get repeated over and over again in class each day, some of the ones I struggled to remember eventually stay. A few people have said to me, “One day you’ll suddenly find yourself able to speak Hebrew.” As discouraged I am now, a little part of me believes in that theory too. New words enter my brain daily whether they stay or not, and hopefully one day all that had accumulated will somehow disentangle themselves and fall in to place and start to move in smooth choreography. (At least that’s how I like to picture how it would be like.)

For now, when I come across a difficult word in class, I’ll encourage myself by thinking about cute babies.

ウルパンでヘブライ語を学び始めてから約二ヶ月がたちました。
言葉が一つ以上の意味を持ったり、英語や日本語で似たような言葉がないため訳せない言葉が
出てくるなど、新たなレベルに突入しています。
着々と複雑になってきているのです。

動詞の「コヴェア」の意味をノートに書いている時、思わず笑ってしまいました(上の写真)。
まず、自分の字が無理矢理小さな枠内に詰め込まれる様子がおかしかったのが一つ。
次に、一つの言葉が「(壁などに)ものをかける、定着させる」と
「予約をとる、何かを成立させる」の両方の意味を持つ(??)事実。
でもそれが言語ですよね。全く意味不明でも受け止めるほかない。

今日友達から面白いことを聞きました。
(Miko と Shimi、もしこれを読んでいたら遊びに来てくれてありがとう!)
彼女の生後9ヶ月の息子の話をしている時、赤ちゃんは最初の言葉を話すまで平均的に一年半から二年ほどかかること、また、言葉が実際口から出てくるまでに赤ちゃんは約8万回その言葉を聞くらしいと教えてくれました。(この回数は不確かかもしれないとのことですが)

この話には元気づけられたし、頑張る気にもなれました。納得もできました。私が新しく学ぶ言葉の中には全く頭に残らないものもあれば一度聞いただけで覚えてしまうようなものもあります。しかし、授業で毎日言葉が繰り返されるうちに最初は全く覚えられなかったものがいずれ定着する場合もあります。また、何人かの人に「ある日気付いたらヘブライ語をしゃべれるようになってるよ」のようなことを言われたことがあるのですが、今は弱気になるばかりの一方、ちょっぴりこの理論を信じる自分もいます。確かに毎日新しい言葉が私の脳みそを出入りしているし(定着するものもあればしないものあるけれど)、ある日蓄積されたものが全てきれいにほどけ、それぞれのポジションをみつけ、優雅な舞踊会のように踊り出してくれる、そんな日がくるといいな、なんて思うのです。

でも今はとりあえず、授業中に難しい言葉が出て来たらかわいい赤ちゃんのことを想像しては頑張ろうと思います。

Much love,
Kaori

2 Comments leave one →
  1. Saminko permalink
    September 16, 2010 7:07 am

    Hi Sis, ヘブライ語、頑張ってるね〜!(そして小さなスペースにギュウギュウの文字、確かにちょっと笑えたよ😀 ) 言葉は生活の一部とはいえ、自分自身の一部になるのはそう簡単ではないよね。大昔、私も英語以外を勉強しようと思った時、メロディー付きフレーズを何度も口ずさんで暗記したら Belive it or not, 今でもそれだけは覚えてるよ!意味はちょっとあやふやな記憶だけどね(笑)カオリンも得意のギターを奏でながらヘブライ語の歌、作っちゃえば?! Enjoy!

    • September 16, 2010 7:01 pm

      「言葉は生活の一部とはいえ、自分自身の一部になるのはそう簡単ではない」
      素晴らしい文章だわ、サミンコ☆ ありがと!
      ほかの友達に歌を聴いてみるといいとも言われたことがあって、確かにメロディーがあったら覚えやすそうだね。
      いまだにアルファベットの名前と順番がいまいちわからないので(文字はとっくの昔に覚えたのだけど)アルファベットの歌から始めようと思います :)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: