Skip to content

14 (World Cup fever)

June 19, 2010

World Cup Fever in Maghar, an Arab Muslim / Arab Christian / Druze village

World Cup Fever 2 (in Maghar, an Arab Muslim / Arab Christian / Druze village)

World Cup Fever 3 (in Maghar, an Arab Muslim / Arab Christian / Druze village)

I will always associate the Brazil vs. North Korea game a few days ago with being outnumbered in a bar by high school boys celebrating their last day of school. The ratio? Roughly 2 to 30.

We were initially sitting outside where the bar had set up a large projector for the World Cup. But 15 mosquito bites in 2 minutes later, I had no choice but to drag Yuval with me inside the bar. It was empty and after a few minutes, the bartender kindly switched the house sound to the game. Not exactly the World Cup group spirit we initially imagined ourselves to partake in, but we were all set to enjoy the game quietly, just the bartender and us. Our peace was shattered only minutes later by a wave of teenage boys tumbling through the door. Before we knew it the boys had filled the |___|-shaped bar, all but the two seats Yuval and I occupied at the center. They were loud and obnoxious like any typical teenager, but at least they somewhat paid attention to the game and roared when Brazil scored their two goals.

For the France vs. Mexico game we attempted outdoor seating again, me better prepared with long jeans, hiking shoes, and a three-quarter sleeved shirt. Yet the mosquitoes still managed to make a feast out of my limited exposed flesh, and we found ourselves heading back inside the bar again. The bartender was not as friendly this time and we politely accepted rock music for soundtrack and clinked our beer glasses to watch the game like good civil customers. But no sooner than our lips touched our glasses, the bar doors swung open yet again and in barged a group much louder and larger than the teenage boys before. This time it was teenage boys and girls, unmistakably from the United States, most likely on a Birthright tour. (Birthright is a Jewish Israeli charity partly funded by the Israeli government that hosts trips to Israel for young Jewish adults around the world.) They were not there for the game but for their evening recreational activity, and as Yuval commented, liked to cluster together in the center of the bar. And yes, that would be right where we were sitting. Amidst the elbows in our noses and shouting over our heads, we managed through the game. Despite not really paying attention, the teenagers somehow always caught the scoring moments, erupting the bar to chaos. Go Mexico!! (Forgive me Jenny if you’re reading this!)

After these two experiences, I was perfectly happy to watch the second Japan game against Holland in the quiet, private sanctuary of Yuval’s mother’s apartment, thank you very much. (Since the game was on Shabbat, the Jewish day of rest, the bar wasn’t open anyway.) But for this game, I could have used some distraction from a few teenagers or bad music. Besides being a total and utter defeat, the game itself was not one I felt worth watching. As much as the Dutch possessed the ball they didn’t do anything with it for the first half, and when it felt like they really started to play in the second half, Japan became more and more tired and the level gap became painfully evident. It’s pretty excruciating to watch your team look like they’re being rolled around on the opponent’s palm.

But I have not lost hope or faith in my blue samurais and will be cheering loud as ever for their next game against Denmark!!

I remain undecided about where to watch the next World Cup game… but I know I have to survive the mosquitoes to watch at least one game outside!

先日のブラジル対北朝鮮の試合は、卒業を祝う男子高校生に囲まれながらみた試合の思い出として私の中で残るでしょう。その比率も半端じゃありません。2対30と言ったところでしょうか。

最初はバーがワールドカップ開催期間中のために設置した巨大スクリーンがある外の席にいました。でも約2分以内に15カ所ほど蚊に刺されてしまえば、バーの中ににしぶしぶ行くしかありません。中はがらがらで、数分後バーテンダーが親切に音響を試合に変えてくれました。大勢の中でワールドカップの雰囲気を楽しみ観戦するはずだったプランからはかなり遠ざかっていましたが、バーテンダーと三人で仲良く静かに試合をみるのも悪くないと思ったその時でした。バーのドアが開き、静けさは一瞬にして次から次へとはいってくる男子高校生によってぶち壊されてしまいました。あっと言う間に |___|形のバーは真ん中の私とユバルの二席をのぞいて男子高校生でぎゅうぎゅう状態に。典型的な男子高校生のうるささはありましたが、試合は比較的真面目にみてくれたのがまだ救いでした。ブラジルがゴールを決めるたびに彼らは奇声をあげて喜んでいました。

数日後のフランス対メキシコの試合は、再び外の席をトライ。私はジーンズ、ハイキング・シューズと七分袖シャツで準備万端と思いきやそれでも蚊に攻撃されるはめに。しょうがなくまたバーの中へ。その日のバーテンダーは前ほど親切ではなく、試合のサントラはロック。それでも私たちは礼儀正しく文句を言わず、おとなしく試合をみようと乾杯しました。グラスが唇を触れたか触れないぐらいの時です。またバーのドアが開きました。今度は前の男子高校生をはるかに人数でもうるささでも上回る男女の若者の団体。間違いなくマメリカ出身で、恐らく「Birthright」というチャリティー主催のツアー参加者。(「Birthright」はイスラエル政府が一部資金援助するチャリティーで、世界中のユダヤ教の若者のためのイスラエルのツアーを主催しています。)彼らは試合観戦なんかのためにバーに来たのではありません。ツアーの夜の娯楽イベントに参加するためにきたわけで、しかもユバルが指摘したように、バーの真ん中に集中していました。私たちがすわっていた場所を中心に。この混乱の中、なんとか試合を見届けることができました。この団体、ほとんど試合に集中してないのに、ゴールの瞬間だけはなぜかみていて、毎回大騒ぎ。フレー、メキシコ!!(ジェニー、もし読んでたら許してね!)

この二度の経験を経て、今日の日本対オランダの試合にはユバルのお母さんの静かな貸し切り状態のアパートに喜んで行かせてもらいました。(土曜日はユダヤ教の安息日なので、バーはどうせやってなかったのですが。)でも逆にこの試合は、うるさい男子高校生やダサいロック音楽に気を散らされたかったほどです。惨敗だったのはもちろん、試合自体、観戦しがいのある内容ではなかったと思いました。オランダはボールを圧倒的に支配していたけれど前半は大したことはしなかったし、後半本領発揮しだしたようにみえると、逆に日本はどんどん疲れが明らかになり、レベルの差も見せつけられたように感じました。自分が応援するチームが相手の手のひらの上でもてあそばれているような姿をみるほど痛いことはありません。

でも私はSAMURAI BLUEへの希望も信頼も失っていません。次のデンマーク戦も声を張って応援しますよ!

でも次の日本戦であれ、ほかの試合であれ、次にみるワールドカップの試合はどこでみるべきか、、、まだ決めてません。でもどうにかして蚊に立ち向かい、せめて一度は外の大きなスクリーンで試合をみたいな!

Much love,
Kaori

2 Comments leave one →
  1. Kid Ego permalink
    June 20, 2010 4:35 pm

    こんばんは!
    わたしは地元のバーで弟や友達と観戦しました~。
    大勢で観戦するのはやっぱりいいものですね!

    日本では「善戦」とか「惜敗」と報道されていますが、
    こういう報道には毎回、正直ヘドが出そうです。
    「負けるべくして負けた」試合でしたなかったというのが
    わたしの感想です。だから悔しくない(笑
    ただ、引き分けに持っていけるチャンスがあったのに、
    それを生かしきれなかったというのが
    今の日本の実力なんだなーと改めて思いました。

    「シュートは打たなきゃ入らない」という言葉の重みを
    全員の選手が感じないといけないですね。
    そういう意味では長友(5番)、大久保(16番)トゥーリオ(4番)は
    昨日は頑張っていたと思います。
    意味不明な選手交代は監督が無能っぽいので仕方ないなーと。(笑

    泣いても笑っても「次が最後」という気持ちでデンマークにぶつかって
    いって欲しいと思います。
    次は日本時間の朝3時半キックオフなんです。
    まさか寝てしまうことはないだろうけど、次の日仕事だしorz。

    デンマーク戦のカオリさんのレポートも楽しみにしてますね!

    • June 21, 2010 4:31 pm

      やっほー!
      大勢で楽しく観戦できてよかったね〜。
      Kid Egoのレポート、読ませていただきましたよ。
      二日酔い、大丈夫だった?笑

      日本での報道はネットでちらっとしかみれないから逆にほとんど雑音なしで試合をみることができてるのだけど、試合後の解説とか試合前のあーだこーだ言うのがないと、ちょっと寂しいです。
      監督や選手の試合直後インタビューもみれないので、先日、ユバルと二人で勝手に「なんちゃってインタビュー」しました(ちゃんとぜーぜーはーはー入りで) 笑
      確かに「負けるべくして負けた」試合には感じなかったね。
      次の日本の試合は日本時間朝3時半なの!!
      寝不足になる価値のある試合だと願い、信じてます☆

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: